ayumu_aoの日記

SIerから事業会社に転職したエンジニアがなにかを垂れ流してます

AWS Summitに行ってきた!レポート※セッションメモ (2017/05/31) 入門から実践までの最短コース 〜ライブコーディングで学ぶAWSを活用したモバイルアプリ開発〜

入門から実践までの最短コース 〜ライブコーディングで学ぶAWSを活用したモバイルアプリ開発〜

自己紹介

  • AWS芸人w

  • モバイル鉄人w

のお二人が登壇でしたw

キーワード

  • AWS Mobile Hub

アジェンダ

  • AWSモバイルサービスとは?
  • 各機能の紹介
  • 実際使ってみよう
  • まとめ

モバイルアプリの様々な課題の解決をするためのもの

※開発者が直面する課題

  • 複数のプラットフォーム
  • スケーラビリティの確保
  • 高コストな管理や運用
  • ユーザー体験の阻害

モバイルサービスが持っている機能

  • 認証・認可
  • データ同期
  • プッシュ通知
  • 行動解析
  • テスト・リモート表示
  • メディアの管理
  • メディア配信
  • etc

AWSMobileSDKを利用してAWSクラウドと連携できる

  • ネットワーク状態を自動でハンドリング などなど

iosAndroid、Unityなど複数のプラットフォームに対応

MobileHubでカンタンにプロビジョニングできる

Xcode、AndroidStudioで利用できる

Cognitoで認証基盤、S3、DunamoDBでリソースを扱う機能が一般的

API GateWay、Lambdaでサーバーレスバックエンド構築が可能

Device Farmでクラウド上で実デバイスのアプリを自動テストが可能

複数OS、複数デバイスを用意されている

プッシュ通知についてはSNSMobile、AmazonPinpointで行うことが可能

AmazonPinpointはユーザーの行動解析からのエンゲージメントまで可能

└A/Bテスト、ホールド・アウトテスト、セグメント分析ファネル分析も可能

ライブコーディング

└S3へ写真をアップロードするサンプルプログラム

 ここは実際にコード書いてましたー

 Xcodeの使い方がよくわからないので「へ~」ってなってしまった。。。

 pulic→No

 public→Yes

まとめ

AWSモバイルサービスを活用してカンタンにアプリを構築できる

  • AWSのモバイル向けサービス、既存サービスの様々な機能を利用
  • AWSMobikeSDK、AWSMおびぇHubでカンタンインテグレーション
  • サンプルプロジェクトを使って学習コストを低減
  • 開発、テストからエンゲージメントまでモバイル開発におけるすべてを提供